web・IT業界に限定したインターンシップ情報サイト、スーパーインターンについて。

ス-パーインターンとは?
20代で天職を見つけるインターン。

このサイトを見ていただいているあなたはきっと「ウェブ・IT業界で働いてみたい」
そんな前向きな気持ちがある方だと思います。

私なんかが、やっていけるだろうか? こんなスキルしかないけど大丈夫だろうか? Web業界って、毎日徹夜で働かされるの? 私なんかが、やっていけるだろうか? こんなスキルしかないけど大丈夫だろうか? Web業界って、毎日徹夜で働かされるの?

こんな悩みを抱えている方もいるのではないでしょうか?
そんなあなたの不安を解決するためにあるのが
スーパーインターン」です。

ス-パーインターンのメリット

インターンとは、一般的に一定期間の実務を体験する事を目的に、企業と雇用契約を結ぶ制度です。
自分のやりたい事や得意なものがないという方は、
まずインターンシップを受けてみるという選択肢があります。

    • メリット1

      学校では得られない、
      現場の知識、
      スキルが身に付きます!

    • メリット2

      本当にやりたい仕事か
      どうかを
      見極められます。

    • メリット3

      正社員採用前提の
      企業のみの掲載だから、
      就職にもつながります。

    • メリット4

      卒業前に
      社会人経験を積むことで、
      視野を広げる事ができます。

    • メリット5

      学校外の仲間や
      インターン先の社員の方など、
      新しい知り合いが増えます。

    • メリット6

      有給インターンだから、
      安心して働けます。

スーパーインターン利用の流れ
気になる企業を探す

目指している職種や身につけたいスキルなどから気になる企業を見つけましょう。

まずはコーディネーターに相談

いきなりインターンに申し込みをするのは不安、やりたい職種が具体的に決まっていないという方は、まずはコーディネーターにご相談コーディネーターにご相談ください。

面談後、コーディネーター経由で希望の
企業にインターン申し込み。

インターン申し込み

気になる企業が見つかったら直接企業に
コンタクトを取り、
インターンの申し込みが可能です。
スーパーインターンは会員登録が不要です。

面接日程の調整

企業の担当者と電話やメールで連絡を取り合い、面接の日程を決めましょう。

面接

面接日程が決まったら、履歴書の準備や面接のシミュレーションなど、
準備をしっかりとしていきましょう。

面接の結果連絡

面接後、企業からの結果連絡を待ちましょう。合格したら、実際に勤務開始です。

IT系の職種について
IT業界には、ディレクターやデザイナーなど、たくさんの職種があります。
様々な職種の人が関わって仕事を動かしていきます。
しかし、たくさんの職種があると、自分がどの職種に向いているのか、
そもそも、その職種がどんな事をやるのか分からないという人もいるのではと思います。
そんな人のために、IT業界の職種について紹介したいと思います。
    • デザイナー

      デザイナーはアーティストではないため、自分の好みや感情を表現するのではなく、お客様のご要望やプロジェクトのコンセプトを具体的な形にする必要があります。ウェブデザイナー以外にも、グラフィックデザイナーや工業デザイナーなど幅広い職種があります。

    • エンジニア

      一般的にはプログラマーやシステムエンジニアと呼ばれる事も多い職種ですが、同じIT業界でも、会社よって求められるスキルの種類やレベルは異ってきます。ウェブサイトのCMS開発や、JavaScriptやHTML5を駆使したフロントエンドの開発、基幹システムの開発まで幅広い業務があります。

    • ディレクター

      現場の制作チームの指揮をとり、制作が滞りなく進捗させる役割をもっています。会社の規模によっては、プロジェクト全体の責任者として、クライアントとのMTGに参加したり、営業的な役割を持つこともあります。

    • セールス

      一般的には営業といわれる職種です。新規のクライアント先に訪問だけでなく、企業によっては既存のクライアントへの新たな提案も営業が行います。メールや電話によるアポイントとりなど、幅広い営業手法があります。

    • マーケター

      IT業界では、デジタルマーケティングの知識や技術を駆使して、マーケティング戦略を立案し、自社やクライアントの利益拡大、販路拡大の促進を担う職種です。リスティング広告やアフィリエイト広告、近年急速に普及してきているアドテクノロジーなどの幅広い知識と分析力、提案力などが求められます。

    • 編集者/ライター

      クライアントへのインタビューや実際の記事執筆を行います。また、近年コンテンツSEOが注目されるようになってきたため、SEO対策キーワードを意識したライティングを求められることもあります。