web・IT業界に限定したスーパーインターンがお届けするお役立ちブログ。

インターンお役立ちブログ

2016.01.19

IT・web業界のエントリーシートの書き方(志望動機編)

文章は「起承転結」で書くのだと学校で習いましたが、インターンの応募のエントリーシートに書く志望動機は、ありきたりな文章では採用担当者の目には留まりません。
そこで今日は、よく使われるテクニックとして、「結論から書く」という方法での志望動機の書き方をご紹介します。

「志望動機の書き方」だからと言って、いきなりエントリーシートの志望動機欄を前に書き始めるのではありません。まずは準備をしましょう。

はじめに、応募しようと思ったキッカケを箇条書きで挙げていきます。単語でも構いませんので、どうしてその企業が良いのか、感じたこと、利点、なんでも書き出してみます。
次に、書き出したキッカケの項目を下に、以下のことを考えましょう。

1.あなた自身がしたいことが何か、そしてそれが応募先企業とどう結びつくのか
2.書き出したキッカケと過去の経験・体験が結びつくエピソードがあるか
3.2の内容が応募企業での仕事に結びつくのか
4.応募企業が求める人物像とはどのような人物なのか

この作業を終えたら「志望動機」の文章を組み立てましょう。
書く時に気を付けたい点は、理由や内容が曖昧で、文章がぼんやりしてしまわないことです。せっかく文章を書く準備をしたのに、それを活かせず、曖昧でぼんやりした志望動機では、採用担当者の心には響きません。採用担当者が思わず納得し、唸るような志望動機は、ロジカルでシンプル、そして説得力のある文章です。

1.結論を書く
2.その理由を述べる
3.そして、どう活かせるアピールする

1.で書いた結論に対して、2.しっかりと明確に過去の経験や体験から理由付けて述べます。そして最後に3.業界や世の中の状況や、その中での応募企業がどういった立ち位置で、また自分がどのように力を発揮でき、企業に貢献できるのかというアピールをして締めくくります。

「エントリーシートの志望動機がうまく書けない」という方は、是非参考にしてみてくださいね。