web・IT業界に限定したスーパーインターンがお届けするお役立ちブログ。

インターンお役立ちブログ

2016.02.16

IT・webのインターン面接のためのエントリーシート・履歴書の書き方(基礎編)

インターン面接を受ける前には、みなさんエントリーシートや履歴書の準備をしていると思います。エントリーシートは、企業が用意している独自のものが一般的ですので、今回は履歴書の書き方について、おさらいをしましょう。

よく履歴書を手書きにするかPCで作成するかという質問を受けることがありますが、特にIT・web業界においては、PCで作成する方が一般的です。ただ、事前にメールで送る場合ではなく、プリントアウトして持参する場合は、捺印や写真を張り付けるなどは、手書き同様に用意します。

よくある間違い

エントリーシートや履歴書を作成する際、よく見かける間違いに注意してください。

◆学歴職歴記入欄記入方法
「学歴」と一行書き、高校入学・卒業、大学(専門学校)入学・卒業と学歴をまとめて記入したら、「職歴」を記入しますが、職歴がない場合は、職歴と書いた後に「なし」と書き、以上とする。
・基本的な学歴職歴欄の記入方法です。

エントリーシートの書き方

◆職歴欄にアルバイト経験を記入するかについてですが、大学生や専門学校生の就活の場合は、基本的に記入しません。
◆資格・免許欄の書き方は、資格や免許の取得日順に記入することはもちろんですが、資格や免許は正式名称で記入するようにしましょう。また、取得年月日は、学歴欄と統一して和暦か西暦で書きます。
◆一般的に多い記入資格
・普通自動車第一種運転免許
・日本漢字能力検定(級も記入)
・実用英語技能検定(級も記入)
・日本商工会議所珠算能力検定
・全国珠算教育連盟珠算検定
・日本商工会議所簿記検定
・秘書技能検定
など
※)学位は資格や免許ではないため、「博士・修士・学士」などの記入はしません。また、専門学校卒業で授与される「専門士」も同様です。学歴欄に専門学校卒業と記入するため、資格・免許の欄には記入の必要はありません。

本人希望

履歴書を書く欄の中でも、一番何を書いたらよいか迷うところだと思います。特に書くことがないという方は、「貴社の規定に従います」または「貴社規定に準じます」と記入するのが一般化していて、無難です。
希望職種がある場合は、希望職種を書いた後、どうしてその職種を希望するかの旨も書くと良いでしょう。
その他、勤務開始希望日や、その後の連絡手段、時間帯などに希望がある場合もこちらに記入しておきます。

志望動機

あとは、志望動機をしっかり書けば万全ですね。
志望動機の書き方については、別の回でお話しさせていただきます。