web・IT業界に限定したスーパーインターンがお届けするお役立ちブログ。

インターンお役立ちブログ

2016.02.24

インターン生のためのIT・web業界のスキル プロジェクトマネジメント編

最近、IT・web業界の現場で重要視されているのが、プロジェクトマネジメントスキルです。
みなさんがインターンで仕事をする際も、一つのプロジェクト業務を複数の人が関わり、進行することを求められると思います。そのような場合、プロジェクトの進行にプロジェクトマネジメントスキルが必要となり、プロジェクトマネージャが遂行達成するための指揮をとり、案件をコントロールしていきます。
Web・IT業界では、特にディレクター職がこのプロジェクトマネジメント業務を兼任することも多く、クライアントからの依頼案件、プロジェクトを円滑に遂行するために求められるスキルの一つといえます。

プロジェクトマネージャは、プロジェクトの中心となり計画立案、日程などのスケジュールや進捗状況、予算管理などを行い、チーム全体で顧客満足(CS)に向けて作業の割り振りをします。

今後、基礎的なプロジェクトマネジメントの手法の知識を持っている方がスムーズな進行をすることができます。
そしてまたプロジェクトマネジメント学ぶ際には、「PMBOK」についても知っておく必要があります。

PMBOKとは、ご存知の方もいらっしゃるかも知れませんが、Project Management Body of Knowledgeの略で、アメリカの非営利団体PMI(Project Management Institute)が策定した、モダンプロジェクトマネジメントの知識体系のことをいい、プロジェクトを実施するための基本的な考え方や実施方法のフレームワークといえます。
最近は世界的基準として認識が共通化しているので、インターンで仕事をする際でも知っておくと一目置かれるかも知れませんね。

PMBOKでは、プロジェクトを遂行する際、スコープ(プロジェクトの目的と範囲)。時間・コスト・品質・人的資源・コミュニケーション・リスク・調達・統合管理の9つの観点でマネジメントする必要があるとされています。

PMBOKでは、プロジェクトマネジメントの定義から、計画書の作成、品質管理などのプロセス、プロセス群が分類明記されています。
各プロセスを定義し、体系化されているので、他社との認識を共通化しやすいことがPMBOKを学ぶ意義だとも言われています。

そして、プロジェクトマネジメントをされている方には、PMPという資格取得を目指す方がいらっしゃいます。これは、Project Management Professionalの略で、PMBOKをベースに出題されるアメリカのProject Management Institute(PMI)が主催する国際資格として広く認知されています。
この資格取得には受験資格があり、また難易度も非常に高いのですが、取得により期待できる効果やビジネスの幅は業界に限らず、広く注目されています。

まだこれからインターンを始める、または就職を考えているみなさんにとって、すぐに必要となるスキル、資格ではありませんが、どのような仕事をするにもプロジェクトマネジメントスキルは必要となってきます。
将来の目標とするスキルの一つ捉えて今から勉強してみてはいかがでしょう?